波多野純建築設計室の取り組み

波多野純建築設計室は、古い町家や民家にくわしい設計事務所です
波多野純建築設計室は、文化財のお寺や神社の保存修復に取り組んできました
波多野純建築設計室が復原設計し、町おこしの拠点となっている歴史的建物が全国にあります
波多野純建築設計室が調査・設計した復原模型が、全国の博物館・郷土資料館にあります

歴史的な町並みや民家、古いお寺や神社は、文化財として大切なばかりでなく、故郷の思い出、「記憶の風景」として大切なものです。次世代へよりよい状態で継承する責任があります。波多野純建築設計室は、そのお手伝いをします。
次世代へ継承するためには、その価値を正確に知る必要があります。同時に、所有者をはじめ町の人々から愛され続けることが大切です。所有者の不便や火事の不安、さまざまな犠牲の上に保存されたのでは、長続きしません。それをていねいに解決するのも、私たちの仕事です。
また、すでに失われてしまった建物や町並みを復原し地域の資産、町の宝として活用することは、持続的な町おこしにとって、とても重要です。歴史を生かした町づくりも、私たちの仕事です。

波多野純プロフィール

波多野純建築設計室代表、日本工業大学名誉教授、工学博士、1級建築士。東京都板橋区文化財保護審議会委員。東京都板橋区史跡陸軍板橋火薬製造所跡保存活用計画・整備基本計画策定委員会委員長。さいたま市文化財保護審議会委員。

1946年神奈川県生まれ。
1970年 東京工業大学理工学部建築学科卒業。
1970年 日本工業大学助手、講師、助教授を経て、1991年教授。
2011年~15年 日本工業大学学長。
2017年 同大学退職。

受賞:
1998年 『江戸城Ⅱ<侍屋敷>』で建築史学会賞。
1998年 「ネパールにおける仏教僧院の修復をとおしての国際協力」で日本建築学会賞業績賞(共同)

主要著書:
『城郭・侍屋敷古図集成 江戸城Ⅱ<侍屋敷>』至文堂、1996年。
『復原・江戸の町』筑摩書房、1998年。
『The Buddhist Monastries of Nepal』(共著)中央公論美術出版,1998年。

歴史を生かした町おこしを考えている皆さま

波多野純建築設計室は、こんな時お役に立ちたいと思っています。

・歴史を生かした町おこしを考えているが、町のどこに魅力があるか、よく分からない。
・街道沿いに歴史的商家はあるが、周囲は建て替えられて、連続しない。
・大規模資本による再開発では、町の人々は潤わない。町の人が主体的に取り組めるプロジェクトはできないのか。

 

新潟県弥彦村「おもてなし広場」基本設計

弥彦山の美しい稜線、長い歴史を持つ弥彦神社、うまい米。弥彦村の魅力を伝える拠点が「おもてなし広場」です。伝統的な妻入町家の姿は、山とよくなじんでいます。雁木が中庭を囲み、足湯もあります。直売所・レストランなどからなる小さな施設ですが、その小ささこそ魅力です。

 

古いお宅にお住まいの皆さま

波多野純建築設計室は、こんな時お役に立ちたいと思っています。

・我が家はいつ頃の建物だろうか。歴史的な価値はあるのだろうか。価値があるなら、登録文化財にしたい。
・役所から登録文化財にしたいと言われた。「文化財に指定されたら釘一本打てなくなる」と聞いた。住みやすさと共存できるのだろうか。
・先祖からの思いを引き継ぎながら、快適に暮らしたい。そのような改修は可能だろうか。

博物館の皆さま

波多野純建築設計室は、こんな時お役に立ちたいと思っています。

・博物館・郷土資料館に歴史的建築や町並みの模型を展示したいのだが、設計・製作はどの様にすればよいだろうか。
・学芸員と研究者が共同で復原に取り組めないだろうか。
・遺跡を生かした展示をしたいのだが、分かりやすい方法はないだろうか。

東京都江戸東京博物館:日本橋原寸復原

江戸の中心、五街道の起点である日本橋は、江戸時代だけでも20回ほど架け替えられています。その架け替え記録を基に、江戸時代後期の日本橋を原寸大で復原しました。橋杭や男柱は欅、床板や高欄は檜、床板の厚は15cmなど、材木の種類や寸法も正確に復原しました。擬宝珠には、年号や鋳物師の名前も記されています。

東京都江戸東京博物館:両国橋西詰広小路復原模型

両国橋西詰広小路は江戸一の盛り場でした。平賀源内は「世界の雲はここから発するかに見える」と、その繁盛ぶりを伝えています。見世物小屋、寄席、床見世、水茶屋が建ち並び、夏には毎晩花火が打ち上げられました。天保改革時の文書をもとに、当時の様相を復原しています。群衆一人ひとりに物語が託されています。

 

国立歴史民俗博物館:中世東国武士の館復原模型

鎌倉時代の武士の暮らしぶりは、ほとんど分かっていませんでした。武蔵七党加治氏配下の中山氏の館跡が埼玉県飯能市にあり、地籍図などから地形や濠を復原しました。建物は、「法然上人絵伝」など中世の絵巻物を参考にしました。この模型は、中学校の教科書などに数多く採りあげられています。

 

国立歴史民俗博物館:日本橋・江戸橋広小路復原模型

明暦3年(1657)の大火の後、日本橋川の南側、日本橋と江戸橋の間は元四日市火除地と呼ばれる明地になりました。しかし、江戸の中心の広大な明地を町人たちが放っておくわけはありません。やがて江戸橋広小路と呼ばれる盛り場となりました。107軒の床店、水茶屋、火の見櫓など建ち並び、川には多くの舟が行き交う江戸湊の中心でした。

 

国立歴史民俗博物館:小豆島の農村歌舞伎舞台復原模型

小豆島には、今も農村歌舞伎が受け継がれています。この舞台は、地元の人々が協力して作り上げたもので、回り舞台も備わっています。階段状の観覧席も現存します。

 

国立歴史民俗博物館:讃岐の砂糖絞り臼小屋復原模型

讃岐は砂糖の産地として知られています。砂糖キビを石臼に挟み、牛が軸を回して絞ります。円形の平面に屋根をかけたユニークな建築です。

 

 

東北歴史博物館:仙台城下町芭蕉の辻復原模型

芭蕉の辻は、奥州街道と城の大手門へ向かう道が交差する、城下の中心でした。四隅には城郭風の商家が建ち、繁華の地として知られていました。建物の一部が下がり、中まで見えるように工夫してあります。

 

 

 

行政の文化財担当者の皆さま

波多野純建築設計室は、こんな時お役に立ちたいと思っています。

歴史的な建造物を文化財指定したいが、それだけの価値があるだろうか。まず調査を依頼したい。
文化財建造物の保存・修理を行いたい。調査や修理にはどのくらいの予算が必要か。どこに頼めばよいか。
・地域内の歴史的建造物の悉皆調査をしたいのだが、適切な依頼先が分からない。
・歴史的な建造物が取り壊されることになった。せめて正確な調査をし、記録に残したい。

文化財指定した建造物の利活用を要請されている。どの様に対応すればよいか。活用計画書の作成はどの様になるか。
・史跡に指定されている遺跡で、建物を復元する気運が高まっている。しかし、文化庁から正確な復原を求められている。どうすれば許可が下りるのだろうか。
・歴史的な町並みを整備し、町おこしの起爆剤にしたい。可能性はあるだろうか。

東京都板橋区 旧粕谷家住宅保存修復工事設計監理:東京都指定文化財

旧粕谷家住宅は、茅葺の民家が現地に遺る貴重な例です。保存修復工事の際、享保8年(1723)の墨書が見つかり、年代が正確に分かる民家としては、関東地方でも最古級であることがはっきりしました。土間境の3本の大黒柱、押板、しし窓、三間四方のヒロマなど、古い民家の特徴を残しています。

 

 

福岡城下之橋大手門保存修復復元工事設計監理:福岡県指定有形文化財

黒田家の居城福岡城は、立派な石垣が遺るものの、当時の建物は南多門櫓(国指定重要文化財)などわずかしか遺っていません。
下之橋大手門は、石垣に挟まれた平屋の門として受け継がれてきましたが、これは明治初年の改築によるもので、江戸時代には2階建ての櫓門であったことが、部材の痕跡や絵図などから分かり、当時の姿に復原しました。発見墨書や文献史料によると、文化2年(1805)の建築です。
 

長崎出島和蘭商館復元工事設計監理:国指定史跡

長崎出島は、鎖国の時代に西欧へ開かれた唯一のでした。現在は、周囲が埋め立てられ、島であったことすら分かりません。現地には居留地時代の建物は遺っていますが、江戸時代の建物はありませんでした。そこで、当時の絵図や絵画、模型を、ライデン国立民族学博物館(オランダ)など世界中で調査し、19世紀初頭の建物を復原しました。内部まで復原した一番船船頭部屋では、オランダ船船長が使った家具やクレイパイプ、当時の手帳までを再現展示しています。長崎ならではの町おこしの拠点です。

 

 

佐賀城本丸御殿復元工事:県指定史跡

鍋島家の居城として天保9年(1838)に再建された佐賀城本丸御殿は、明治維新後、建物が取り壊され、現在は鯱の門(国指定重要文化財)を残すのみです。跡地に建つ小学校の移転を機に発掘調査をしたところ、御殿の全容を示す礎石が見つかりました。また、藩主鍋島直正の居室である御座間が近くの公民館に移築されていることが分かりました。そこで、御座間を元の位置に戻すとともに、玄関や外御書院など主要な建物を、当時の図面などを基に復原しました。内部も正確に復原するとともに、佐賀城本丸歴史館として、佐賀城の歴史や明治維新の頃に活躍した佐賀の偉人についての博物館として活用されています。バリヤフリーにも配慮しています。

 

栃木県真岡市 桜町陣屋保存修復工事:国指定史跡

二宮尊徳(金治郎)は、小田原の人として知られていますが、活動の拠点は小田原藩の飛び地である栃木県の旧二宮町でした。ここ桜町陣屋で農村改革に取り組みました。江戸時代後期、彼が住んだ頃の建物が今も遺っています。彼は、一番格式の高い部屋は小田原から出張してくる役人のために明けておき、その他の部屋で暮らしたようです。当時の井戸から、田圃まで復原し、地元の小学生による田植えなど、さまざまな体験学習に活用されています。

 

足利学校復元工事設計監理:国指定史跡

足利学校は、儒教を学ぶ学校として、長い歴史があります。フランシスコザビエルは、「板東の大学」と報告し、世界に知られていました。徳川幕府も支援を続けてきました。江 戸時代中期、宝暦4年(1754)に雷が落ち、学校は焼け落ちてしまい、再建に取りかかります。その時に、幕府に支援を願い出たときの書類や図面が、幕府と学校の双方に遺っています。これと発掘成果などを総合し、方丈・玄関・庫裡・書院からなる本館と裏門衆寮木小屋土蔵などの付属屋、さらに庭園を復原しました。足利観光の拠点であり、畳敷きの部屋を活用し論語教室などが開かれています。

 

萩城隅櫓復元工事設計監理

お寺、神社の皆さま

波多野純建築設計室は、こんな時お役に立ちたいと思っています。

・お寺(寺院本堂・庫裡・鐘楼など)、お宮(神社本殿・拝殿・摂社・末社・鳥居・社務所など)が古そうなのだけれど、歴史的な価値が分からない。価値が分かればもっと大切にし、宣伝できるのに。
・建物が傷んできた、雨漏りする、こんな時どの様に修繕したらいいのだろうか。歴史的な文化財としての価値を損なわず、といって今後の修理費用の負担もしんどい。
・役所から、本堂・本殿を文化財(県・市・町・村の有形文化財、国の登録有形文化財)に指定したいと言ってきたが、どう対応すればいいだろうか。
文化財指定の建物を修理したいが、どこにどう頼めばいいだろうか。補助金は出るだろうか。
・東日本大震災で、文化財指定の建物が傾いたが、どの様に修理をすればいいのだろうか。
・本堂や社殿を建て替えたい。歴史的な価値を損なわずに建て替える方法はあるだろうか。
・庫裡や社務所を建て替えたい。

西方寺本堂保存修復工事設計監理:横浜市指定文化財

参道を進むと、茅葺の山門の先に、山を背に立派な本堂が見えてきます。都市部にこんな山里の風景があったのかと、懐かしさひとしおです。
本堂は、トタン葺でしたが、茅葺であったことが分かりました。建てられた年代もはっきりしませんでしたが、礎石に享保6年(1721)の陰刻が見つかり、この時期に工事が始められたことが分かりました。梁が重なった部分にも、同年の墨書が見つかりました。さらに、壁の中に享保10年の落書きあり、工事が長い間続けられたことが分かりました。品格ある様子が親しまれています。

 

東京都利島村 阿豆佐和気命神社・三島神社保存修復工事設計監理:国登録有形文化財

伊豆七島のひとつ、大島の南にある利島は、神の宿る島です。現在の社殿は昭和に建てられたものですが、その後ろに旧社殿がありました。朽ち果ててはいましたが、島の人々にとって大切な建物であることは、認識されていました。調べてみると、建て替えを記録した棟札が多数見つかり、旧社殿が、文久4年(1864)の建築であることが分かりました。建物は、二間社流造という珍しい形式です。夫婦神を祀るからです。蟇又の中に桃の実が入るなど、島独自の意匠も特徴です。

 

大石寺御影堂保存修復工事設計監理:静岡県指定文化財

桁行7間、梁間7間の大規模な本堂です。寛永9年(1631)の再建であることが、棟札から分かります。当初は茅葺でしたが、数度の修理を経て、現在の銅板葺の姿になりました。