らせん階段 2000年8月号

カナダ流パーティの楽しみかた

 波多野 純(建築史家、日本工業大学教授)


 
 

写真1  
完成した駅舎




写真2
プラットホームを舞台にしての音楽ショー


写真3
町長から表彰額を受け取るギバス氏
 彼は長年この公園を管理してきた

 


写真4
子供たちを乗せてミニDLの出発

 昨秋、カナダでミニSLの駅舎を建設したことを、この「らせん階段」に書かせていただきました。あれ以来のご無沙汰で、申し訳ありません。実は、これも以前に書いたことですが、オランダのライデン国立民俗学博物館から19世紀初頭の日本の大工道具を持ち帰り「里帰り展」を開く企画に忙殺されていました。4月から、長崎出島、神戸竹中大工道具館、横浜市技能文化会館と巡り、8月1日から9月3日まで千葉県佐倉の国立歴史民俗博物館で「オランダへわたった大工道具」展として、大工道具ばかりでなく川原慶賀の「道具図」などを含めて展示しています。ぜひご覧ください。具体的な内容は、本欄のバックナンバー第9回、第12回、第18回をご覧ください。

駅舎完成
 さて、私たちの大学の研修所(旧ブレアモア裁判所)は、カナダ・アルバータ州のクロウズネストパスという6500人の小さな町にあります。この研修所の裏の公園に、ミニSLのレールを敷き、102年前の駅舎を1/2に縮小して大学院生と建設しました。1週間の滞在でしたので完全な竣工には至りませんでしたが、春になって、地元の大工ゲーリー・カーペンターさんが完成させてくれました。
 芝生のなかを楕円形にレールが走り、赤く塗られた駅舎の前には木製のプラットホームが設けられました。ピクニックベンチ、給水塔を模した滑り台、さまざまな案内板も設置されました。

前夜祭−遅刻のないパーティの企画術−
 さて、竣工式は6月30日の前夜祭から始まりました。町のクラブハウスを貸し切り、18時30分〜19時30分カクテルパーティ、19時30分からディナーと案内が出されています。このシステムがなかなかよいのです。カクテルパーティの時間のなかでいつに到着しても構いません。三々五々集まり、到着した人から順に気楽に会話をする。立ち話よし、テーブルに着いてよし、飲み物も思い思いです。裁判所の修復以来の友人で地元の建設業者のケン・ソレンセン氏に、「最初に会ったときは映画スター、昨年は太ってコメディアン、今年は少し痩せて往年の映画スターかな」などとばかなことを言い合っていました。
 百数十人の招待客が集まり、皆が席に着く頃、ちょうど19時30分となり、ステーキのディナーが始まります。それが一段落すると式典です。と言って、まだ食べてる人もいますし、デザートを取りに出かける人もいる、気楽なものです。

君のおかげだ
 研修所長のフィルが立ち、ひとりひとりの名前を呼び、「彼はボブキャットを運転して公園を平らにしてくれた。それはとても難しい仕事で、彼のおかげで安心してレールが敷けるようになった」などと説明します。そして理事長夫妻から記念品が渡されました。記念品は、コメモラティブプラザと名付けられたこの公園のロゴマークが入った特注の腕時計。現場で実際に働いた人を優先させ、偉い人は後回しです。記念品を受け取り、嬉しそうに手を振る人。マイクを受け取りスピーチをする人。全員が受け取り、スピーチになろうとしたとき、そうだ、フィルとシェリルの夫妻が受け取ってないのに気付き、理事長から最後に贈呈してもらいました。

よく集まったなあ!
 翌7月1日はカナダの建国記念日。朝10時から公園で、パンケーキパーティが開かれました。ライオンズクラブが資金集めを兼ねて安い予算で面倒を見てくれます。メープルシロップがかかったパンケーキ4枚とウインナーソーセージ3本が一人前。同時に参加者へ記念品が配られます。公園のロゴマーク入りSL機関士のキャップです。300用意したキャップは30分ほどですべて配り終えてしまい、希望者が余りに多いので、名前を書いてもらい後で追加注文した品を配ることにしました。追加希望者が500人。行列をつくって、パンケーキを食べた人も500人強。おそらく全参加者は1000人ほどでしょう。ブレアモアは二千人ほどのコミュニティですから、その半分が集まったことになります。式典の様子は、消防自動車の高い梯子の上に乗った地元新聞の記者が取材してくれました。

手作りの楽しさ
 パンケーキが行き渡ったところで、地元中学生2人のコミカルな音楽ショウがあり、続いて表彰式です。今日のプレゼンターは、理事長夫妻と町長です。町の公園として整備したので、町長がプレゼンターを務めてくれました。記念品は、表彰状とSLのプラモデルをひとつの額に納めた、フィルたちの手作り。つぎに、金色に塗装したメモリアル・スパイク(レールを留める犬釘)の打ち込みです。
 一通りの儀式が、実に楽しく和やかに終了し、ミニDL−残念ながらSLはボイラーの許可が下りず走らせることができなかった−の出発式。子供たちを乗せた列車が汽笛を鳴らしてスタートしました。

ひとりひとりを大切に
 カナダでのパーティや式典に参加すると、うらやましくまた感心することがいくつかあります。まず、日本の式典は、全員が静粛にし壇上の人の話を拝聴する緊張した形式か、無駄話が多くまとまりのないだらけた形式の両極端です。この点カナダの式典は、参加者が思い思いに楽しみながら、大きな盛り上がりになる。企画力、演出力どれをとっても大きな開きがあります。その差はどうして出るのか、パーティや式典の目的を、お互いの努力に感謝しともに楽しむと考えるか、誰か偉い人のためと考えるかでしょう。
 また、スピーチがみんなうまい。形式的な同じようなことを言う人はひとりもいません。日本では母親が先生に「うちの子はみなさんと違ったことをしていないでしょうか?」と心配そうに尋ねると聞きました。それ逆でしょう。みんなと同じことしかできなかったら、その子の存在価値はない。その子の独自性を見つけられなかったら、先生の存在価値はない。
 当然の自己主張した千葉すずに対して、「立派な社会人に」と見当はずれなコメントを発する古橋広之進のような「偉い人は偉い」と思うおっさんは、早く引退した方がよかろうと思います。



□バックナンバー

□アークメディアのホームページ
http:http://www.arcmedia.co.jp/index.htm

□掲載記事についてのご感想をお寄せ下さい。
mailto:info@arcmedia.co.jp