らせん階段 2000年10月号


白井有紀著『ネパールで出会った神々−神話の中の町から』

 波多野 純(建築史家、日本工業大学教授)



白井有紀
『ネパールで出会った神々−神話の中の町から』
丸善ブックス¥2000+税

<目次>
第1章 神話の中の町
1 ラリトプール
2 王宮広場から離れて散歩
3 ラリトプール郊外
第2章 ネワール族の透かし窓
1 カトマンズ盆地創世の物語
2 ネワール族の生活観
3 精神的な知識の源
4 ネワール族の宗教慣習
5 ネワール族に伝わる迷信
6 ネワール族の徳と罪の文化
7 ネワール族の祭り
8 ネワール族の通過儀礼
9 ネワール族の死に必要な儀式

 

 

 

 私たちが、1978年からネパールで歴史的な建築の調査を始め、90年から95年にパタンの町にある仏教僧院イ・バハ・バヒを修復したことは、何度かこの「らせん階段」でも報告した。
 私が現場で仕事をしているとき、92年か93年、ひとりの日本人女性が飛び込んできて、「しばらく遊んでいってもいいですか」と聞くので「どうぞ」と答え、それが白井有紀さんとの出会いであった。彼女は絵描きさんで、このパタンの町の曼陀羅絵師のお宅に住み込んで修行を積みながら、トリブバン大学でネパール語の勉強もしているという。その絵師は、仏の物語を自ら書き、それに沿って曼陀羅を描くので、完成までに最低5年はかかり、一生で何枚も描けないとのことであった。
  その後、彼女の東京での個展に出かけたり、私が息子を連れてネパールへ出かけたときに案内を頼んだりと、気軽なおつきあいが続いてる。
 私がとても気に入っているのは、彼女がネパールを素直に好きなところである。
 
 さて、彼女がネパールで学んだことを記した本が出版された。すてきな挿し絵もたくさん付いている。「学んだ」と書き、「体験した」と書かなかったことには意味がある。彼女は、歴史的な建物や祭礼を絵に描くとき、その意味を地元の人に聞き学んでゆく。したがって、描くべきポイントをはずすことはない。この手法は、かの曼陀羅絵師から学んだものだろう。
 本は2章に分かれている。「第1章 神話の中の町」、「第2章ネワール族の透かし窓」。
 第1章では、パタンの町を中心にその郊外まで含め、歴史的な町並みや建物が、祭礼や習俗、「言い伝え」と絡めて語られる。その「言い伝え」が、日本の言い伝えときわめて似ているのにびっくりした。
 クンベソールの湧き水は100qも離れたシッルという聖なる池と繋がっているという。奈良東大寺のお水取りの水は、若狭の神宮寺から送られる。とても似ている。そして神や王は必ずしも聖人君子ではなく、時に後世の人に迷惑を掛けている。それが人間的でほほえましい。挿し絵の中には、ブンガ・デォと呼ばれる祭礼の山車を組み立ててゆく段階を記録した連続絵がある。5階建ての高さに匹敵する壮大な山車が組まれる姿を詳細に記録した絵は、民俗学的資料としても貴重である。いつまでもこのような山車が作り続けられることを期待するが、近い将来、彼女の絵だけにその姿を留めることになるのかと心配である。
 第2章では、かの曼陀羅絵師が語るネワール族の生活習慣や伝統的な考え方を正確に記録し、それに彼女なりの解釈を加えている。絵師は1950年の生まれである。ネパールが西欧文化に侵される以前の、ネワール人(カトマンズ盆地の古くからの住人で、私たちが調査や修復対象とした建築もほとんどが彼らの手になる)の質素で宗教心に篤い健全な姿を受け継ぐ最後の世代であろう。
 彼の語りは、彼の体に染みついたネワール人の生き方を基盤に、現代世相の批判にまでおよぶ。彼の語る言葉のひとつひとつ、それが歴史的事実であるか否かが問題であるのではなく、それが現在語られることに大きな意味を見いだし、彼女は記録する。
 現場で実際にネワールの人々と仕事をした経験を持つ私にとって、この記録は的を射すぎていて、どきっとさせられる。
「ネワール族は必ず仕事の中の一つを次の仕事のためにやり残す。そうすればいつまでも仕事は完成されず終わりがないことになるので、終わること(=死)から遠ざかることができるからだ」
これを読んだとき、現場での苦労にすべて納得がいった。私たちの仏教僧院修復は、6年もかかってしまった。最後の2年はこの論理によるものであろう。
 もっとも、彼女も、そして私も、ネパールが好きだから批判的なことも言えるのであって、「低開発国援助」的な発想の人が指摘するネパールの欠点とは根本が異なる。

  とにかく面白い本ですから、ぜひ読んでください。戦後日本で苦労したあなたがそこに居るかもしれません。



□バックナンバー

□アークメディアのホームページ
http://www.arcmedia.co.jp/index.htm

□掲載記事についてのご感想をお寄せ下さい。
mailto:info@arcmedia.co.jp