らせん階段 1999年8月号

両刃鋸に未来はあるか

 波多野 純(建築史家、日本工業大学教授)


 
 
写真1  
両刃鋸の製作工程(三島町郷土資料館)

写真2
各種の鋸(三島町郷土資料館)

写真3
鋸・手斧・鑿など多様な道具の展示
(与板町歴史民俗資料館)
 
 

名鋸鍛冶・中や久作

 オランダのライデンに遺る、江戸時代の日本の大工道具について、何度かご報告しました。その大工道具の中に、「中や久作」の銘のある両刃の鋸(のこぎり)があります。そこで「中や」について、調べてみることにしました。「中や」は、大工さんなら誰でも知っている有名ブランドです。

 現在の鋸の代表的な産地は、新潟県長岡市周辺、兵庫県三木市、長野県諏訪周辺 などです。新潟県の脇野町(現・三島町)は、伝統的な鋸の産地として知られており、三島町郷土資料館には「脇野町鋸の始祖・中屋庄兵衛」の展示コーナーがあります。彼は、会津若松の人から技術を学び、地場産業の基礎を築いたそうです。

 同じく信濃川沿いの、与板町や三条市の郷土資料館にも、鋸ばかりでなく鑿(のみ)や鉋(かんな)などの大工道具が、製作工程とともに展示されています。

骨董品になってしまうのか、両刃鋸

 脇野町で、今も伝統的な構法で両刃鋸を作っていらっしゃる方に、話しをうかがうことができました。

 両刃の鋸は、柄をもって揺するととてもいい音がするでしょう。なぜだかご存知ですか。実は周囲が硬くて中が柔らかい、うちわ太鼓のような構造だからです。厚さは、0.6o前後ですが、元の方では真ん中が厚いどらやき型、先の方では真ん中が薄い凹レンズ型の断面をしています。

 さて、その両刃鋸が絶滅の危機に瀕しています。まず、電動工具の普及です。つぎに、カセット型の使い捨て替え刃が、発明されたそうです。その時点ではあまり普及しなかったのですが、ドイツから衝撃焼き入れの技術が輸入されると、急速に普及し、今ではこれが、大半を占めるそうです。

 この新しい替え刃は、硬度が高いため、木ばかりでなく、石膏ボードでも何でも切れます。従来の両刃鋸で石膏ボードを切ったらたまりません。

 さらに、替え刃は、安売りだと1枚300円だそうです。いっぽう、両刃鋸は、時々目立てをしなければ使えません。目立てには、1本600円のヤスリがどうしても2本必要ですから、最低1500円かかってしまいます。

 安くてよく切れるのであれば、替え刃に移行するのは当然かもしれません。腕の立つ職人は伝統的な優れた道具を使う、技術的に劣る大工は道具を選ばない。このように短絡的に考えるのも無理なようです。文化財修理の現場にも、替え刃は入り込んできています。

 19世紀末のヨーロッパにおける各種の建築運動は、工業化社会から手仕事の美しさを取り戻そうとするものでした。いま、20世紀末に同じようなことを感じています。  「よく切れればいい」ではなく、「美しい建築は、美しい道具によって作られる」なんて言うのは、あまりに情緒的すぎますか。


 

 



□バックナンバー

□アークメディアのホームページ
http://www.arcmedia.co.jp/index.htm

□掲載記事についてのご感想をお寄せ下さい。
mailto:info@arcmedia.co.jp