らせん階段 1999年7月号

野外博物館・琉球村の魅力

 波多野 純(建築史家、日本工業大学教授)


 
 
写真1  
移築民家内部での機織りとその販売(琉球村)

写真2
牛の力による砂糖絞り、軸の上には簾が張られ作業する人を直射日光から護っている(琉球村)

写真3
移築された石垣島の民家とヒンプン、赤瓦の屋根は明治時代以降に普及した(琉球村)
 
 
 

石垣島と空港と珊瑚礁

 琉球王朝が八重山群島を支配した拠点である石垣島の蔵元について、遺構が発掘され、復原に向けて検討が進められていることを、昨年の12月に報告しました。次の会議は、春4月に開かれる予定でしたが、真夏の7月になってやっと開催されました。いつもながら、のんびりした土地柄です。

 石垣島は、かなり前から空港建設で揺れています。現在の飛行場は滑走路が短く、飛行機は着陸するとすぐに急ブレーキをかけます。そこで、少し北の白保に飛行場を建設することになりましたが、自然保護団体などから厳しいクレームが付きました。珊瑚礁の宝庫なのです。着陸寸前に見下ろす白保の海は、限りなく美しく、飛行場建設など論外だと思いました。

 それなら現在の滑走路を延長すれば、と言うことになります。ところがそこには、フルスト原と呼ばれる遺蹟が存在します。一辺20〜40メートル、高さ2〜3メートルの石垣に囲まれた遺蹟が多数遺るフルスト原は、15世紀頃の集落とも城塞とも言われています。内地には全く見られない、不思議な遺蹟です。これを破壊して空港建設などと言う考え方は、あり得ません。

 現在、内陸部へ建設する案などが検討されているそうですが、その前に新空港建設が本当に必要なのか、再考する必要がありそうです。滑走路が長くなれば、ジャンボ機が就航する。すると当然便数が減る。結果として、不便になる。そんな意見も聞こえてきます。

 トロピカル・ムードに憧れて来る観光客ばかり。八重山の文化や民俗に興味を示す人は少ない。こんな現状のまま、大規模資本による開発が進むのは、必ずしも健全ではありません。
 

生活感を再現した琉球村

 野外博物館・琉球村は、那覇から車で1時間ほどのところにあります。かなり商業的な観光施設ですが、その割に不愉快さを感じず、むしろ好感を持ちました。

 村には、10棟ほどの沖縄県各地の民家が移築されています。それぞれの家は、建物の姿を見せるだけでなく、商売や体験学習の場として利用されています。焼物・織物・ウコンなどの健康食品・・・。建物は農家なのに物を売るのか、などの疑問は残りますが、大きくはずれた全国どこにでもある土産品とは違います。

 特筆すべきは、生業の様子が復原されていることです。サトウキビの絞り臼が、代表的です。石臼(現在は鉄製)が回転する隙間にサトウキビを通し、樹液を搾り取ります。その臼は、軸に繋がれた牛の力で回ります。

 以前、私は香川県高松の四国村に残る同様の施設を実測調査しました。その成果は、国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)に模型として展示されています。そのときは牛を繋いで実際に動かすことはできませんでした。今回初めて作業風景を実見できたわけです。
 

設計手法としてのヒンプン

 沖縄の民家の大きな特徴のひとつに、ヒンプンがあります。道路から石垣の間の入口を入ると、正面に石の壁が立ちはだかっており、右か左へ曲がらなければ中庭へ入れません。この壁がヒンプンです。
 開放的な沖縄の民家において、外からの見通しを避け、中庭を安定した空間にしています。
 中庭をコの字型に囲む建物は、主屋・客間・高倉など機能別に分化し、中庭とヒンプンが全体をまとめる役割を果たしています。
 設計に絶対に使えそうな手法です。
 

 



□バックナンバー

□アークメディアのホームページ
http://www.arcmedia.co.jp/index.htm

□掲載記事についてのご感想をお寄せ下さい。
mailto:info@arcmedia.co.jp