らせん階段 1999年5月号

仏教僧院イ・バハ・バヒの保存修復とその後

 波多野 純(建築史家、日本工業大学教授)


 
 
写真1  
素朴な竹足場による工事風景、かなり揺れる

写真2
伝統的な土を用いた瓦葺き

写真3
竣工式では伝統的な踊りが披露された


写真4
国際シンポジュウムでは地元の小学生が建物を使っての感想を話してくれた

ネパール20年とアルカシア賞

 ネパールの首都カトマンズとその近くの町パタンやバクタプールは、中世以来の都市文化が今も生き続ける古都である。1978年に、それぞれの町に残る王宮建築の調査を始めて以来、20年の歳月が過ぎた。最初は、純粋に学問的興味だけであったが、その成果を現地に還元する責任を強く感じるようになった。そこで、1990年から、パタンの町の仏教僧院イ・バハ・バヒの保存修復工事を始めた。これが、1996年に竣工し、1998年には報告書も刊行できた
(『The  Buddhist  Moanasteries  of  Nepal  ネパールの仏教僧院』中央公論美術出版)。

 この成果が認められ、1998年度日本建築学会賞業績賞(渡辺勝彦・黒津高行・波多野)をいただいた。さらに、アジア建築家評議会からアルカシア賞という大変名誉な賞をいただくことができた。実際の賞は、今年の9月に韓国で開かれる総会で頂戴することになるらしいが、昨年スリランカで開かれた総会で紹介された。また、5月26日の日本建築家協会総会の後の懇親会でも紹介していただいた。
 

現地の材料・現地の技術

 私たちがなしえた仕事は、仏教僧院1棟に過ぎず、決して大きな仕事ではないが、自慢できることがいくつかある。まず、現地の材料、現地の職人さん、現地の技術で仕事をしたこと。さらに、今も生きて使われている建築として修復できたことである。

 海外の文化財保存には、いろいろなやり方がある。日本の先端的な修復技術や建設システムを持ち込めば、仏教僧院の1棟ぐらい短期間に修復できる。しかし、それでは現地に根付かない。現地で今後も継続的にできる方法を開発しない限り、将来に渡る文化財保存の方向が見えてこない。

 手探りで、大工や煉瓦工などの職人さんを集め、耕耘機の脇に乗って材木を買いに行った。歴史的な煉瓦の大きさを復原し、野焼きの工場に注文し、受け取りに行ったら、工場は跡形もなく消えていた。

 3:4:5の大矩を現場で作り、隅木の長さは原寸図で説明した。最近図面を描くことが減ってしまった私にとって、実に楽しい作業であった。

 私たちのアシスタントを永年勤めてくれた商学部の大学生ヒラカジ君が、今では設計事務所で働くようになった。
 

生活に根付いた文化財

 仏教僧院イ・バハ・バヒは、中庭を囲む2階建ての建物である。1427年に創建され、現在の建物は1661年の再建である。修復前、屋根は半分ほど失われ、壁も崩壊寸前であった。それでも地域の核として生きていた。

 朝靄をついてお参りの人が訪れる。やがて、小学校の教室として使われる。授業をしている脇で主婦たちが洗濯を始める。午後には中学校の教室としても使われる。夕方になると男たちが帰ってきて、縁台将棋を始める。一日中生きて使われていた。

 この僧院を維持管理しているのは、グティと呼ばれる社会組織である。全員がサキャという同じ姓をもつ。サキャは釈迦と発音が通じ、釈迦の末裔と信じられている。グティは様々な宗教行事をここで執り行う。「メンバーの娘が初潮を迎えたお祭りがあるから、今日は修復工事を休んでくれ」そんな申し出が帰国寸前にあると、工程が狂い困ってしまうが、従わざるを得ない。

 修復後もイ・バハ・バヒは町に生き続けている。結婚式などにも使われるようになった。私たちが寄付した建物に移転していた小中学校は、伝統文化の教育をここでするようになった。展示室もできた。

 私たちも、ノールゥエー・トロンハイム工科大学のビオネス教授、神奈川大学の西和夫教授などをお招きして、この中庭で文化財保存に関する国際シンポジュウムを開いた。

 何よりも嬉しいのは、町の人たちがこの建物を愛し、道路との境に鉢植えの花を並べるなど、自発的な景観形成の起点となっていることである。
 

 



□バックナンバー

□アークメディアのホームページ
http://www.arcmedia.co.jp/index.htm

□掲載記事についてのご感想をお寄せ下さい。
mailto:info@arcmedia.co.jp