らせん階段 1999年4月号

台湾の文化財保存

 波多野 純(建築史家、日本工業大学教授)


 
 
写真1  
移築再現された台湾布政使司衙門の室内
  木造の柱や梁がコンクリートに
 置き換わっている

写真2  同上 展示されている旧来の柱

写真3  旧林安泰屋敷 
後ろを高速道路が通るなどロケーションはよくないが優れた文化財修理がなされている


写真4  同上 古材を大切にした修復

冬の台湾

 昨年の夏以来、久しぶりに台湾へ行って来ました。なぜ台湾づいているかは、前にも書きました。この3月、学部2人、大学院修士課程2人、台湾からの留学生が卒業しました。現在、私の研究室には、大学院博士課程の1年と2年にひとりずつ台湾からの留学生が在籍しています。修士課程にも2人が入学する予定で、試験に合格していたのですが、アジア不況の波をもろに受けてしまい、進学を断念しました。同時に、アジア的な家族の絆の強さを実感しました。2人とも、仕事を継いでくれとの父親の要請を、受け入れたのです。

 2月20日の昼に、台北に着きました。天気予報で沖縄の気温が24℃と聞いていましたので、台北もそんなもんだろうと、薄着で出かけました。それが大間違い、最高気温10℃。ジャンパーを買う羽目になりました。
 

木造をコンクリートに変える文化財修理

 台湾の文化財修理や文化財保存は、大きな問題を抱えています。木造の見事な柱を、鉄筋コンクリートの柱に取り替えてしまうのです。

 最近、台北の植物園のなかに移築保存された台湾布政使司衙門は、四合院の形式を持つ、伝統的な清代の官庁建築です。修理に際して柱は鉄筋コンクリートに置き換えられ、朱塗の旧来の柱は展示物となっていました。私の判断では、補修すれば十分に使える木材です。

 つぎに、だいぶ前にやはり移築保存された、旧林安泰屋敷を見ました。ここは、豪農の住まいです。この修理は、きわめて健全に、古材をなるべく生かして、修復されていました。

 旧林安泰屋敷を修理したような技術がありながら、なぜコンクリートに置き換えるような修理をするのか。大きな疑問です。

 留学生たちの意見はこうです。まず、創建当初のような姿に戻ったほうが、美しくインパクトもあり、多くの人の納得が得られる。また、木材で修理したのでは、数年後にまた修理したければならない。そのような無駄な金は納得が得られない。とのことです。

柔軟な判断を要求されるアジアの文化財保存

 建築史を専攻する立場からすると、どんな小さな部材のかけらでも保存し再用したいと思います。形だけを似せて、レプリカ(複製物)を建てることには反対です。

 最近、同じ問題が京都で起こりました。第一勧銀の建物が取り壊されるのに伴い、ファサードをレプリカで建てると言うのです。このような行為が、文化財の持つ価値の大半を失うことは間違いありません。とくに、日本のようにある程度の経済力がある国で行われれば、愚行以外の何物でもありません。

 しかし、アジアでその通りに主張するためには、文化財の価値に対する認識の醸成、人的資源の育成など、長い時間を要すると思います。

 かつて、ネパールでの修理に関して、ある国の修理方法がユネスコから厳しく批判されたことがありました。確かに、鉄骨を使うなど問題がないわけではありませんでした。しかし、彼らの長年の努力なしには、現在のネパールの文化財保存はないし、たくさんの貴重な建築や町並みが失われていたはずです。

 実践的な努力を伴わない批判は、アジアでは何の力も持ちません。
 

 



□バックナンバー

□アークメディアのホームページ
http://www.arcmedia.co.jp/index.htm

□掲載記事についてのご感想をお寄せ下さい。
mailto:info@arcmedia.co.jp