らせん階段 1999年2月号

刑務所と卒業設計

 波多野 純(建築史家、日本工業大学教授)


 
 竹富島−1
写真1:宮城刑務所模型
 
 
刑務所の体験
 らせん階段を読んで下さる方のなかで、刑務所の設計を経験なさった方はおそらく居られないだろう。では、内部を体験なさった方は、おいでだろうか。実は私は、20数年前に1週間ほど通った経験がある。それも、かの有名な宮城刑務所へ。
 
 明治維新で、大きく変わったものに、学校制度と刑務所制度がある。椅子と机でなければ勉強はできないと考えた明治政府は、学校制度を整え、松本の開智学校をはじめてする優れた学校建築を生み出した。刑務所も、刑罰から矯正刑へと発想を転換させた。当時、宮城集治監と呼ばれた宮城刑務所は、明治11年に大倉土木(現在の大成建設)の手によって建設された。6角形の塔を中心に、6本の2階建ての棟が放射状に取り付いた、当時の刑務所独特の形式である。中央ホールに監視机があり、そこから6本の中廊下すべてが見通せる。外壁は下見板張、屋根は越屋根を持つ天然スレート葺きであった。
 
 まさに、当時の最先端の建築である。階段の手摺りなどには、凝った繰り型が付き、意匠的にも当時の設計者や職人が、この建築にかけた情熱がうかがえる。
 
 この宮城集治監が取り壊されることになり、記録保存のための模型を作ることになった。そのための調査を依頼され、2月の寒いさなかに通った。東北仙台の、しかも刑務所のなかは、特別に寒い。精神的に緊張しているせいもあるが、物陰を作らない配置設計のため、風を避けられる場所がないのも、影響していそうだ。一日の調査を終え、門を出ると、冬の夕方の木枯らしが、なぜか暖かく感じられた。調査中に撮影した写真も、機密保持と人権保護のために、すべて刑務所側へお渡しし、私の手元には何も残っていない。

 この模型は、最近まで宮城県多賀城市の東北歴史資料館に展示されていたが、ここが新たに県立の東北歴史博物館となるため、現在は見ることができない。

卒業設計のテーマ
 さて、なぜ突然こんな話を持ち出したのか。今年の卒業設計のなかに、刑務所をテーマにした学生がいたからである。その作品をはじめて見たとき、どう考えてよいのか言葉を失った。どうしてこんなテーマを選んでしまったんだ、もっと若者らしく、夢のあるテーマを選べなかったのか。私の研究室では、テーマは実体験を踏まえて選ぶこと、そして自分が住んでみたかったり、訪ねてみたい建物を設計することを、条件としている。かつて、葬祭場+火葬場を選んだ学生がいた。私は、少し躊躇したが、彼の体験に根ざしたものであることが分かり、そのままテーマとして認め、彼も優れた作品を完成させてくれた。
 
 刑務所は、自らすすんで体験できる場所ではない。やはり学生には、テーマとして取り上げてほしくない。



□バックナンバー

□アークメディアのホームページ
http://www.arcmedia.co.jp/index.htm

□掲載記事についてのご感想をお寄せ下さい。
mailto:info@arcmedia.co.jp