らせん階段 1999年10月号

カナダ報告−101年前の鉄道駅舎を建ててきました−

 波多野 純(建築史家、日本工業大学教授)


 
 
写真1  
工事中の駅舎の前を走るミニ・DL

写真2
ひとまずできたところで記念写真、
手前の屋根が葺き終わらなかったので、防水紙が見えている。


 

町の公園を自分たちで整備

 カナダ゙で1923年に建設された歴史的な裁判所を、文化財として修復し、日本工業大学の研修所として利用するようになったと、以前にご報告しました。

 今回は、その続きです。研修所の後ろに、ギバス・パークと呼ばれる町の公園があります。ギバスとは、この公園をボランティアで長年管理されてきたおじさんの名前です。彼もかなり年をとられ、公園の管理からは引退しましたが、今でも毎日犬を連れて遊びにみえます。研修所の学生たちは、この公園でよく昼食をとります。

ミニ・SLを走らせる

 そこで、クロウズネストパスの町役場からこの公園を借用し、付属高校が製作したミニ・SLを走らせることにしました。CP(カナディアン・パシフィック)鉄道が、この町をまで延びたのは1898年。101年前のことです。残念ながら、SLはカナダ政府のボイラー許可が下りず、ひとまずディーゼル機関車を走らせることにしました。

駅舎を建てる

 列車が走るなら、当然駅が必要です。私たち教員2人と大学院生5人で、101年前の駅舎を、1/2の縮尺で建設することになり、9月20日から30日まで出かけてきました。それ以前に、当時の図面や写真を手に入れ、設計図を描き、材料の手配などを済ませてもらったのは勿論です。

 研修所の所長フィル氏は、優れたプロデューサーで、大工さん、アルバイトの学生さんなど、様々な手配を済ませてくれていました。工事は、地元の大工さんゲーリー・カーペンターさん(本当に大工さんの苗字がカーペンターさんなのです)の指導の下、私たち全員がハンマーや鋸を持ちました。2×4と言う構法は、仕事を始めたその日から実際の作業に携われるのが魅力です。フロンティア・スピリッツとは、自分でやることだ、自分でできるように工夫することだと、よく分かります。

 すでに土台が据えてありましたので、1日目に壁を立ち上げ、2日目にゲーリーの作業所で小屋組の加工、3日目に屋根の組み立て、4日目にシダーシングルによる屋根葺き、5日目に庇の加工と外壁の一部の取付けと、順調に進みました。

肌で感じる楽しさ

 滞在期間が短かったので、完成には至りませんでしたが、その後の段取りも一通り済ませました。駅舎の前に舞台をかねた木製のプラットホームを建設し、ピクニック・ベンチを作り、遊具を設置し、樹木を植えれば完成です。

 来年の7月1日のカナダ・ディーには、盛大な開園式が開かれるでしょう。

 この経験、自ら体を動かし、英語でコミュニュケーションをし、自分で判断をする経験は、大学院生たちにとって素晴らしいものだったようです。  



□バックナンバー

□アークメディアのホームページ
http://www.arcmedia.co.jp/index.htm

□掲載記事についてのご感想をお寄せ下さい。
mailto:info@arcmedia.co.jp