らせん階段 1998年9月号

台湾3泊4日

 波多野 純(建築史家、日本工業大学教授)


 
  台南の孔子廟
写真1:台南の孔子廟

親水公園
写真-2:親水公園

宜蘭県庁舎 外観
写真-3:宜蘭県庁舎 外観

宜蘭県庁舎 ロビー
写真-4:宜蘭県庁舎 ロビー


 8月に台湾へ行って来ました。わずか3泊4日、強烈な暑さの中で走り回ってきました。私の研究室には、台湾からの留学生が6人もいます。博士課程1人、修士課程2人、学部4年2人、研究生1人。彼らの論文や設計のフィールドを、全部見ようと思ったのですから大変です。
 羽田を早朝に発つと、昼には台北に到着します。その日の午後は、台北市の北の郊外にある北投温泉。旧日本軍が日本式の温泉を造ろうとした場所です。そこで文化財修復の現場も運良く見学できました。台湾の文化財保存については、改めて報告しようと思いますが、形を似せて新しく立派にすることを保存と思っているようです。研究室の学生たちと、君らがきちんとしたコンセプトと技術を持って国へ帰れば、すぐにでも活躍の場はあるなあと、話したところです。

 
 翌日は、早朝に台北松山空港を発ち、台南へ出かけました。台南はさすが南の地。強烈な暑さです。日本の暑さは冷房の部屋へ入ると徐々に体が冷える、台南の暑さは冷房にあたると骨に蓄積した熱が表面へ出てきてしばらく治まらない、そんな違いがありそうです。台南は、台湾の旧首都として400年の歴史を持つ町です。私が特に台南行きを望んだのは、17世紀初めオランダに支配された時代の遺構を見たかったからです。もちろん先月書いた長崎出島との関連からです。残念ながら適切な遺構は存在しませんでした。そのほか、台湾最古の孔子廟をはじめいくつかの廟を見ました。孔子廟は見事に整備されていましたが、「形を似せて新しく立派にする」台湾流の保存が見えます。夜は名物の夜市で台湾の庶民食を楽しみましたが、その夜のうちに台北へ帰るのですから、あわただしいことこの上なしです。

 
 3日目は、またまた強行軍で、台湾北東部の町宜蘭・羅東まで列車で出かけました。宜蘭県には象設計集団の作品がいくつかあります。親水公園はなかなか楽しい場所で、川から引いた水を何段階かに分け、エイトなどの漕艇をする場所、水面を楽しむ場所、水遊びの場所などが造られています。最近オープンしたプールの一部には、ガウディのグエル公園風の人工地盤をかねた屋根が掛かっています。宜蘭県庁舎は、格調高い作品だと思いました。執務室は冷房が付いているようですが、ロビーなどは象さんの主張通りに、うまく自然の風が抜けていました。各事務室がそれぞれに独立の庭を持ち、屋上も水と緑の公園になっているなど豊かな建築です。この町で少し気になったのは、象さん風建築が増えていることです。そのいくつかは、象さんと交流のある台湾の建築家の作品のようですが、やはり似て非なるものです。海鮮料理をたらふく食って、列車に乗り、夜中に台北へたどり着きました。

 
 最終日は、台北市内に残る日本時代の官庁建築を走って見て回りました。日本の官庁建築をより権威主義的にしたと見るのは、偏見でしょうか。昼に豪華な飲茶をごちそうになり、飛行機に飛び乗り羽田に戻る、すごい旅でした。

 
 2年前に見た、台湾南東の孤島蘭嶼の原住民の暮らしと、今も使われている竪穴式住居などについてもそのうち書きます。



□バックナンバー

□アークメディアのホームページ
http://www.arcmedia.co.jp/index.htm

□掲載記事についてのご感想をお寄せ下さい。
mailto:info@arcmedia.co.jp