らせん階段 1998年8月号

長崎出島のオランダ商館復原

−ライデンに遺る出島模型−

 波多野 純(建築史家、日本工業大学教授)


出島の現況
写真1:出島の現況

出島の復原事業
 長崎の出島は、鎖国下の日本において、西欧へ開かれた唯一の窓口として栄えてきた。現在の出島は、明治時代以降の埋立により内陸化してしまい、長崎市民でもその位置を正確に知る人は少ない。
 ところが、オランダ政府は、出島の復原を、第2次大戦の賠償権を放棄する条件としたそうである。それから50年が経ち、西暦2000年はリーフデ号が大分に漂着して以来400年の日蘭交流の記念の年にあたる。長崎市は、私有地化していた出島の土地の公有化に努めてきた。そして、西暦2000年に向けて、出島の建物のうち5棟を復原することとした。私の事務所が復原設計を担当することとなり、ここ数年さまざまな史料を収集し、設計を進めてきた。7月には起工式を済ませ、現場が動き出した。

ブロムホフの模型 
 復原設計にはさまざまな史料が必要である。発掘調査による成果、文献や絵画の分析、類例建物の調査など、気の遠くなるような作業を続けてた結果、やっと形になってきた。今回の復原設計でもっとも頼りとしたのは、江戸時代に造られた模型である。なあんだ、模型があるのなら、その通りに造ればいいのだから、復原設計なんて簡単だ。冗談じゃない、そんなに簡単だったら、苦労はない。
 さて、オランダの商館長たちはバタビア(インドネシア)のオランダ東インド会社から派遣されて、数年間を出島で過ごし、そのなかで江戸へ出向き徳川将軍に西欧事情を話し、やがて本国へと帰る。その商館長の一人ブロムホフは出島へ到着するなり出島の模型を造らせ、本国へ送らせた。1818年のことである。そのブロムホフ模型が、オランダ・ライデンの国立民族学博物館に保存されている。模型は、平面の縮尺で30分の1、立面だと約20分の1。ひとつひとつの建物が内部の様子まで分かるように工夫して造られ、当時の唐紙まで貼られている。出島の主要な建物約30棟のうち、商館長の住まいであるカピタン部屋と、それに続くヘトル部屋が失われているのは残念だが、それ以外の建物はほとんどそろっている。

  ブロムホフ出島模型


写真2:ブロムホフ出島模型

マティ・フォラーさん 
 この調査が可能になったのは、ライデン国立民族学博物館の学芸員マティ・フォラーさんの協力によるところがおおきい。彼は世界的な葛飾北斎の研究者で、世界の学会を飛び回っている。模型の調査を始めた数日後、彼に「出島は立派な方がいいか、ぼろい方がいいか」と尋ねてみた。西欧先進国から見たら日本は東洋のはずれの国、その出島、当然ぼろいとの答えが返ってくると思っていた。ところが立派な方がいいとの答えであった。なぜか。
 オランダは、19世紀のはじめの一時期フランスに占領されナポレオンの弟が統治した時代があった。オランダの本国からオランダの旗が消えたとき、唯一オランダの国旗がはためき続けたのは出島であった。そんな事情から、出島はオランダ人の誇りとなる。

なぜ模型を造ったか 
 商館長ブロムホフは、その出島の生活を伝えるべく、模型を造らせ本国へ送った。やがて王立骨董陳列室に展示された模型は、大変な人気を博したという。
 ではなぜカピタン部屋の模型がないのか。1931年国際植民地博覧会がパリで開催された。そこへブロムホフ模型は出展されたが、不運にも火災により一部が焼失した。その中にカピタン部屋が含まれていたらしい。オランダ政府が、この焼失をあまり残念がっていないのも気に掛かるし、植民地博という呼び方も気に掛かる。

ブロムホフ模型の再認識 
 マティさんは、ブロムホフ模型の来歴などを、オランダの古文書から実に丹念に調べて下さった。私たち建造物復原検討委員会(西和夫委員長)は、模型ひとつひとつを、後世の修復まで含めて調査し、最後に全体を並べて出島の景観を蘇らせてみた。
 床に寝そべり、当時の人と同じ目の高さで道を歩く感覚を味わってみた。その町並みは、日本の遊郭であり、町家であり、何となく異国であり、不思議なものであった。
 江戸時代の前半、オランダ人は、出島を閉じこめられた島、監獄と理解していた。それが、行動の自由に対する拘束はさして変わらないはずなのに、オランダ人の誇りへと変わた。
 私たちが復原しようとしている出島は、何だろう。建築や景観の復原ばかりでなく、それを考えられる出島にしたい。



□バックナンバー

□アークメディアのホームページ
http://www.arcmedia.co.jp/index.htm

□掲載記事についてのご感想をお寄せ下さい。
mailto:info@arcmedia.co.jp