【アークメディア】

らせん階段 1998年7月号

ネパール人の死生観

 波多野 純(建築史家、日本工業大学教授)


パシュパティナトとバグマティ川
写真1:パシュパティナトとバグマティ川
左側の川へ突き出した台は王の火葬台
パシュパティナト
写真2:パシュパティナト
火葬の煙の後ろに見えるのが 死を待つ部屋
ガンジス河岸
写真3:インド・バラナシ(ベナレス)のガンジス河岸 
朝日を拝み沐浴する人の脇で火葬が行われる
 
30才すぎたらネパールへ行こう      
 私は、1978年から今まで、20年にわたって、ネパールへ通っている。王宮建築の調査から始め、1990年から6年かけて仏教僧院の修復を行った。この修復により、1998年日本建築学会賞業績賞(渡辺勝彦・黒津高行・波多野)をいただいた。研究調査や修復の内容については機会を改めてお話しすることとし、今回は、ネパールの魅力の一端をお話したいと思う。
 ネパールへ行ってみたいと聞くと、30才すぎたら、是非行ってみる国だとお話しすることにしている。若いうちに行くと、その魅力にとりつかれ社会復帰が困難になるか、うまく受け容れられず嫌いな国になるかの、どちらかのような気がする。
 30才をすぎ、社会的経験を積み、価値観が確立したところで出かけるとよい。すると、まるで違った価値観に出会い、自分の積み上げてきたものが貧困でつまらなく見え、がらがらと音を立てて崩れ落ちる体験をするはずである。その体験は実に心地よいものである。 

宗教と共に生きる 
 ネパールの国教はヒンドゥ教である。ヒンドゥ教は、農業神であり、神々はきわめて人間的な世界を形成する。シバ神には何人もの夫人がおり、そのひとりカーりーは躁鬱病である。彼女が鬱状態の時は血を好むので、生け贄を捧げる。カトマンズ郊外のダクチンカリ寺では毎週2回、山羊や鶏などを抱えた人が大勢参拝し、首を落とし血を捧げる。また、創造のためには破壊が必要であり、そのための暴力は肯定される。最高の創造はセックスであり、そのポーズが寺院の彫刻に付く。もっともネパールの人々は穏やかな性格で、けんかでも決して手を出さないし、セックスも開放的ではない。
 秋に行われるティハールの祭りは、姉が弟を祝福する祭りである。外国にいてもそのためには帰国しなければならない。それを怠ると家族の絆が切れてしまうと、信じられている。夕方から町家の窓のすべてにロウソクが灯る。私もその弟のひとりとして、姉から祝福される機会に恵まれた。ティカ−額に付けるお祈りをすませたことを示す赤い印−をいただき、油をしみこませたこよりの燃え具合で将来を占う。
 ネパールでは仏教も盛んである。釈迦の生誕地ルンビニは、ネパール国内にある。仏教とヒンドゥ教は敵対関係にない。釈迦はヒンドゥ教の神のひとりに数えられている。 

ネパール人の死 
 カトマンズの郊外に、ヒンドゥ教の一大聖地パシュパティナトがある。川に向かって、石の火葬台が突き出している。カトマンズのヒンドゥ教徒はここで火葬にされ、灰はそのまま川へ流される。やがてその流れはガンジス川へ達し、インドの灼熱の太陽の下、天へと昇る。そして、いつか雨となって再び地上へと戻ってくる。人生は大きな輪廻のごく一部にしかすぎない。
 この火葬台の前に、死を待つ部屋がある。臨終が近ずくと、ここへ運ばれ、静かに死を待つ。死んだら、火葬にされ、やがて天へ昇れる。それを自ら確認するように、ネパール人は死んで行く。
 点滴につながれ、がんばって生きるのだと無理矢理励まされながら死ぬ日本人と、自らの死を受け容れ死後を見つめて死んで行くネパール人。どちらが幸せなのだろうか。



□バックナンバー

□アークメディアのホームページ
http://www.arcmedia.co.jp/index.htm

□掲載記事についてのご感想をお寄せ下さい。
mailto:info@arcmedia.co.jp