【アークメディア】

らせん階段 1998年6月号

鉱山町が文化財
−一級品だけが人間の営みか−

 波多野 純(建築史家、日本工業大学教授)


jh9806_1.jpe  
ビオネスさん 
        

jh9806_2.jpe  

ウルネスの教会 
        

jh9806_3.jpe  

ブリッゲン 
 
jh9806_5.jpe  
レロス2 
 
ビオネスさん     
 昨年夏に、ノルウェーの文化財保存をつぶさに見て歩く機会に恵まれた。トロンハイムの町にあるノルウェー工科大学のハンス・クリスティ・ビオネス教授の招待である。彼とは、ネパールで共に仕事をし、私たちの大学にも講演に来てくれた。中央官庁などを設計したノルウェーの代表的な設計事務所勤務の後、世界各地の文化財保存に協力している。夏から秋にかけては、アジアとヨーロッパの学生を連れて、ネパールをスタートにノルウェーまで実習旅行をする。     
 彼にとってノルウェーの木造建築保存技術は世界一である。いっぽう、私たちも日本の技術が一番だと信じている。お互いにじっくり見るほかはない。     

ノルウェーの文化財     
 ノルウェーの代表的文化財に、スターブ・チャーチと呼ばれる木造教会がある。空に向かって屹立する安定感のある姿は、優れた構造形式とともに強く印象に残る。数あるスターブ・チャーチのなかでウルネスの教会が世界遺産に指定されている。フィヨルドをフェリーで渡り、汗をかいて登りつめた丘の上に教会はあった。     
 もう一つ有名なのが、ベルゲン市のブリッゲン地区。ハンザ同盟時代、干し鱈の集散地として栄えた当時の木造町家が、港に面して三角形の妻面を連ねている。歴史的な町並みを、これだけ生き生きと活用しながら保存している例はめずらしく、魅力的である。     

悲惨な生活をそのまま保存     
 私がこの旅行で一番感動したのが、レロスの町である。1644年に銅の鉱脈が発見されて以来、1977年に閉山されるまで、冬には零下30度に達する厳しい寒さの下、ドイツからの移民を中心に採掘が続けられた。ぼた山が黒々とそびえ、貧しい労働者の住宅が軒を連ねる。それが町ごと保存されている。精錬所を改修した博物館の土産品は、銅の固まりであった。その横を流れる川の水は濁ってはいなかったが、寒々とした景色は足尾銅山の鉱毒事件を思い起こさせた。     
 町にもあまり活気は感じられなかったが、校倉造りの町家の中庭を喫茶店にしている趣味のいい家があり、そこでレロス焼きの鉢を手に入れた。     

何を世界遺産にするか     
 このレロスの町、ノルウェーで三番目の世界遺産なのである。そこには、日本と全く異なる文化財保存の姿勢を感じ取ることができる。     
 日本の世界遺産は、法隆寺、姫路城、京都の社寺といずれも一級品である。文化的な集積度の高い建築を世界遺産に申請している。いっぽうレロスには、そんな上等な建築はひとつもない。労働者住宅は貧しさ故か、階高が低く粗末である。屋根には土を載せ草が生えている。唯一、石造の教会が目立つが、それとて一級品ではない。あるのは、長い苦難の歴史とそれを保存し受け継いできた歴史に対する愛着だけである。     
 そんな権威的でない姿勢は、生きた文化財の保存にきっと役立つ。保存技術に関しては、日本の方がはるかに精密で職人技術も優れているが、保存のコンセプトに関してはノルウェーにとてもかなわない。 

jh9806_4.jpe 
レロス1

jh9806_6.jpe
レロス3




□バックナンバー

□アークメディアのホームページ
http://www.arcmedia.co.jp/ARC.htm

□掲載記事についてのご感想をお寄せ下さい。
mailto:info@arcmedia.co.jp