【アークメディア】

らせん階段 1998年5月号

景気浮揚策となる文化財保存を
−カナダでの経験から−

 波多野 純(建築史家、日本工業大学教授)


jh9805_1.jpg
  
  
  

jh9805_2.jpg 
  
  

jh9805_3.jpg 
  
 

 
 文化財と聞くとなんとなく堅苦しい。文化財指定の民家にでも住んだ日には、 
気楽にテレビも見られやしない。煙草なんて以ての外だ。そんな四角四面でな 
い文化財保存の話をひとつ。 

  私の勤めている大学がひょうんなことからカナダの文化財を手に入れること 
になった。場所は、冬季オリンピックが開かれたカルガリから南へ250qのク 
ロウズネストパスという人口6500人の小さな村。そこに、1923年に造られ 
た裁判所兼警察署がある。地下1階・地上2階、延べ180坪、構造は穴あき 
煉瓦ブロックという当時流行のもの。地下が留置場(今も鉄格子が遺っている) 
や機械室、1階が法廷と警察署の事務室、2階が署長の住居と警察官の宿 
泊室。シンメトリーの美しいファサードが、ロッキーの山並みにとけ込んでいる。 

  この建物は、アルバータ州の文化財に指定され町の歴史財団が守ってきた 
が、資金難からベッド・アンド・ブレックファーストと呼ばれるペンションに売られ 
そうになっていた。町の人たちが、町のシンボルが失われるのを心配して、教 
育的な施設として使ってみないかと誘ってくれた。 

  修復方針は、州の歴史財団のリノ・バッソ氏、修復建築家ロバート・ヒラノ氏、 
町の建設業者ケン・ソレンセン氏、そして私たちの大学のメンバーが、繰り返し 
会議を開いて決定した。カナダでは、州政府が認めた修復建築家なしには文 
化財は扱えない。この会議でびっくりしたのは、歴史財団いわばお役所のリノ・ 
バッソ氏が中心となって、いかに補助金を出せるかを提案してくれることである。 

  たとえば、昔のフローリングの上に今はPタイルが貼ってある。これを剥がし 
て床を磨くと200$掛かる、いっぽうこの上にカーペットを貼れば150$で済む。 
でも、前者の方法で木の床を復原すれば文化財修理に該当するので、州から 
半分の100$の援助が出るのであなた達の負担は100$で済む。どちらにし 
ますかと、具体的に提案してくれる。当然、復原を選ぶ。工事が始まると、Pタイ 
ル剥がしは単純仕事だからと、高齢者福祉事業団の安い労働力を紹介してくれ 
る。 

  この半額援助はとても良い方法だと思う。使わなければ援助は受けられない。 
使った額の倍の経済効果がある。景気浮揚策として有効だと思う。 

  マイナス50度の冬にも工事は続けられ、1996年6月1日竣工式を迎えた。 
百数十sあろうか巨漢のリノ氏は母をを連れて登場し、こんな楽しい仕事はなか 
ったと喜んでくれた。ロバート・ヒラノ氏の私へのプレゼントは、バットマンのシー 
ル・セット。ケン・ソレンセン氏は、職人さん達ひとりひとりの名を呼び、君の塗っ 
たペンキの色はすばらしいと、君の作った手摺はびくともしない、と感謝のことば 
を述べた。そして私を指さし、文化財保存の本当の姿を教えてくれたと話された 
ときは、照れくさいやら嬉しいやら。 

  式典の後は、法廷で1930年代の裁判が本物の裁判官を迎えて演じられた。 

  1901年、この町はフランク・スライドと呼ばれる大規模な土砂崩れを体験し 
ている。石炭の掘り過ぎらしい。裁判所ができたのは1923年、関東大震災の 
年。そして大学がこの建物を手に入れた1995年は、阪神大震災の年。建物の 
一部を災害と復興に関する博物館にできればと計画している。 



□バックナンバー

<□アークメディアのホームページ
http://www.arcmedia.co.jp/index.htm

 □掲載記事についてのご感想をお寄せ下さい。
mailto:info@arcmedia.co.jp