【アークメディア】

らせん階段 1998年4月号

うだつ

 波多野 純(建築史家、日本工業大学教授)


jh9804_1.jpg





うだつが上がらぬ

 同期入社はみんな課長になったのに、俺はいつまでも係長心得。かげでは、

心得ではなく係長心待ちだと噂しているらしい。隣のご主人は、リストラされ

たけれど特技を生かして、今ではレストランのオーナーよ!何年下積みやるの!あな

たって。うだつが上がらない人ね!

 そう言われたら、「うだつ」って何だい?言い返してやればいい。


うだつ

 卯建、宇立、「木」偏に「兌」、などの文字を充てる。本来の意味は、

「棟束」。つまり梁の上に立ち棟木を支える短い柱のことである。いつも棟木

に上を押さえられ伸びることができないことから、下積み人生を「うだつが上

がらぬ」と言うようになった。

 さらに派生して、切妻屋根の妻側の壁を屋根より高く持ち上げ、小屋根を葺

いた部分も「うだつ」と呼ぶ。小学校の木造校舎の防火区画の壁が屋根の上に

飛び出しているのを覚えておられるだろうか。ちょうど、あの形である。形の

類似から、防火壁との説もあったが、これは間違い。なぜなら、板や茅など燃

えやすい材料で葺いた「うだつ」が洛中洛外図などの屏風に多数描かれている。

中世末の京都には、表長屋と呼ばれる長屋建ての商家が店を連ねた。その中で

財をなした者は、自分の店(区画)の両側に「うだつ」を上げ、自立した商人

であることを示した。したがって、いつまでも自立できないことを指して「う

だつが上がらぬ」。


京町家と江戸町家

 「うだつ」は京都文化圏の町家の特徴である。今も、京都・大阪を中心に広

い範囲でみることができる。いっぽう、関東から北の地域の古い町家に「うだ

つ」をみることは少ない。文化の地域性である。

 ところが、江戸時代初期の江戸の町では、「うだつ」が上がった京風の町家

が一般的であった。京都をモデルに、京都を理想像として、江戸の町は造られ

た。やがて、明暦3年(1657)の振袖火事を契機に、江戸独自の形式を造り上

げ、「うだつ」は消滅した。その中にあって、江戸の中心大伝馬町には幕末ま

で「うだつ」が遺り、独特の景観として浮世絵などにも数多く採り上げられて

いる。



□バックナンバー

<□アークメディアのホームページ
http://www.arcmedia.co.jp/index.htm

□掲載記事についてのご感想をお寄せ下さい。
mailto:info@arcmedia.co.jp