【アークメディア】

らせん階段 1998年3月号

左利きと左甚五郎

 波多野 純(建築史家、日本工業大学教授)


jh9803_1.jpg




jh9803_2.jpg




酒飲みはなぜ左利きか

 酒飲みのことを、左利きあるいは左党と言う。あまり下品な大酒呑みのことは言わない

から、悪い意味ではない。では何故、左利きと言うのか。大工が、鑿(のみ)を持つとき、

左手で持つ。鑿手と呑み手の掛けことばである。

 
全国を300年間、駆け巡った左甚五郎

 左甚五郎、誰もが知る彫刻の名手である。彼の作品は、日光東照宮の眠り猫をはじめ、

北は青森県八戸市の櫛引八幡宮から、南は福岡市の筥崎宮楼門まで、全国に分布して

いる。作品の年代も、安土桃山時代から江戸時代後期まで、300年におよぶ。

 と言うことは、左甚五郎作とされる作品には、かなり怪しげなものが混ざっていること

になる。

 文献史料からみてみよう。延宝3年(1675)に黒川道祐なる医者が著した『遠碧軒

記』には、「左の甚五郎は、狩野永徳の弟子で、北野神社や豊国神社の彫物を制作し、

左利きであった」と記されている。これにしたがえば、彼が活躍した年代は、1600年

をはさんだ前後20〜30年間と言うことになる。

 いっぽう、江戸時代後期の戯作者山東京伝の『近世奇跡考』には、

  左甚五郎 伏見人 寛永十一甲戌年四月廿八日卒       四一才

とある。寛永11年(1634)に41才で亡くなったとすれば、『遠碧軒記』より少し

後の年代の人となる。

 また、四国には左甚五郎の子孫を名乗られる方が居り、墓も存在する。ご子孫によると、

寛永年間の『生駒家分限帳』に、甚五郎の名があると言うが、左の姓は記されていない。

 活躍した年代が様々であるように、出身地も、根来(和歌山県)、伏見(京都府)、

明石(兵庫県)と、史料により様々である。

 また、関東には来なかったとの記録が多いが、日光をはじめ上野東照宮の「昇り龍・降

り龍」など、甚五郎作とされる作品は多い。

 
庶民の輝ける星・甚五郎

 左甚五郎は、実在の人物であるかすら怪しい。しかし、甚五郎の作品には共通性がある。

 埼玉県吉見町の安楽寺本堂は、寛文元年(1661)の建立であるが、ここの欄間には

「野荒らしの虎」がある。夜な夜な田畑を荒らすので、悪さをしないよう網が掛けられて

いる。埼玉県妻沼町の妻沼聖天にも「鎖でつながれた猿」がある。こちらは、寛保元年

(1741)以降の建築であるから、80年も後の作品になってしまう。

 日光東照宮が造られた江戸時代初期、優れた技量を持つ甚五郎なる工匠がいた。当時の

作品の多くは、幕府や大名など権力者の建築を飾る華やかな彫刻であった。やがて庶民

の時代が訪れると、甚五郎は腕一本で名を成した庶民の英雄、輝ける星として再登場する。

 このとき彼の作品は、格式のあるものである必要はない。庶民は、素行の良くない虎や

猿に、権威にとらわれない自由な生き方とその限界をみていたのかもしれない。

 落語に登場する左甚五郎もまた、あまりに庶民的である。一本の竹から彫った水仙に水

をやると花が開く話は有名だが、これは、宿賃もなしに豪遊してしまう、だらしない甚五

郎が、宿賃の代わりに彫ったものである。

 庶民の夢は、いつもいじましく、魅力的である。



□バックナンバー

□掲載記事についてのご感想をお寄せ下さい。
mailto:info@arcmedia.co.jp