【アークメディア】

らせん階段 1998年2月号

うんこで結ばれた江戸と村

 波多野 純(建築史家、日本工業大学教授)


 先月に続いて、江戸っ子と便所のはなし。裏長家の共同便所は、井戸・ゴミ溜・稲荷と

セットで設けられていた。当然、汲み取り便所だから衛生的でないこと、この上ない。汚

物が地中を浸透し、井戸へ入り、長家の住人がそれを飲む。同じ釜の飯を食った、どころ

ではない。病原菌まで共有した。幕末に数万人の死者を出した安政のコレラは、これが原

因であった。


 さて、長家の住人たちが出した糞尿は、肥料として立派な商品である。近郊農村のお百

姓さんが汲み取りに来て、野菜などを置いていった。やがて、金銭で取り引きされるよう

になり、その利益は、大家が独占した。熊さん、八さんのうんこは、尻から離れた瞬間に

大家のものとなった。大家にとっては、結構いい収入だったらしい。


  大家、店子の尻で、餅をつき(江戸川柳)


 大家も気が咎めたのか、その収入を蓄えておき、年末に餅をついて店子に配った。

 年の瀬は、大家とお百姓さんのせめぎ合いの場であった。新年をきれいな便所で迎える

ために、早く汲み取ってほしい大家と、大家がしびれを切らして値段を下げてくるのを待

って、なかなか汲み取りにゆかないお百姓さん。といって時機を失すれば他人に汲み取ら

れてしまう、何ともおかしな勝負である。


 大家と近郊農村のお百姓さんが、個別に交渉している時代はのどかなものであったが、

やがて企業化する輩がでてくる。両国広小路などの盛り場に仮説便所を設けて、ただで糞

尿を集めるやつもいる。すると、水増しなどの不良品も登場する。量が不足しているとの

トラブルに出くわした平賀源内が、その場で小便を足してやった、というのは冗談。


 大正時代から汲み取り屋に丁稚奉公として勤め、やがて清掃業者として財をなした方の

話によると、自分が成功したのは、品質がよかったからだという。


 ともあれ、都市住民の出した糞尿は肥料として近郊農村へ届けられ、野菜などの食料と

して都市へ戻ってくる。都市と近郊農村は、きわめて健全なサイクルで結ばれていた。



□バックナンバー

□掲載記事についてのご感想をお寄せ下さい。
mailto:info@arcmedia.co.jp