らせん階段 1998年12月号

琉球の風−石垣島・竹富島−

 波多野 純(建築史家、日本工業大学教授)


 
 竹富島−1
写真1:竹富島−1

竹富島−2
写真-2:竹富島−2

竹富島−3
写真-3:竹富島−2

差別の下の差別
 かつて「琉球の風」というNHKの大河ドラマがあった。沢田研二が尚寧王を演じたのを覚えておいでの方もおいでだろう。大河ドラマの中では秀作だと思った。それは、薩摩藩や徳川幕府の琉球に対する非道きわまる圧政を、比較的正確に描いていると考えたからである。ところが、このドラマには大きな問題があることを、何人かの研究者から教えられた。
 薩摩や徳川幕府は沖縄本島を中心とする琉球王朝を差別的に扱った。その下で琉球王朝は、八重山(石垣島など)や宮古に対して、同様の差別的扱いをしたのである。「琉球の風」にはそれが触れられていない。
 差別は、近年まで続いた。第二次大戦の末期、沖縄本島に空襲の危機が迫った時、島民を石垣島に避難させた。そのしわ寄せを食って石垣島民はジャングルの奥地に追いやられた。そこはマラリヤの汚染地帯で、多くの石垣島民が感染し亡くなった。

石垣島・蔵元の復原
 年末に石垣島さらに竹富島まで出かけてきた。17世紀初頭、八重山は独立した地域であったが、やがて琉球王朝の支配下に入る。その支配の拠点が蔵元と呼ばれる施設である。最初、竹富島に置かれ、やがて石垣島に移る。
 石垣島蔵元の建物は、明治時代になっても存続するが、やがて沖縄県八重山支庁が建つ。数年前、その建て替えのために発掘調査をしたところ、地下から蔵元の遺構が出てきた。石垣市は県に対して、その保存を要請し受け入れられたが、その後、積極的な復原や公開等の措置がとられないままに時が過ぎた。
 3年ほど前、この地に、マラリヤ記念館を建設する話が持ち上がった。そこで考古学が専門で長年八重山に関わってきた早稲田大学の谷川章雄先生が呼ばれ、さらに建築史の立場から私が呼ばれた。石垣市としては、マラリヤ記念館に反対ではないが、蔵元の場所である必要はない。蔵元は蔵元として整備したい。
 何とか、その通りに事態はすすみ、マラリヤ記念館は別の場所に建設中である。次は、蔵元の復原である。これがなかなか困難である。史料は、発掘成果と、明治時代の絵ぐらいしか発見されていない。 でも、情熱はある。少しのんびりし過ぎるところは問題だが、おもしろいプロジェクトになるのではと、期待している。

竹富島・長寿の島の魅力
 翌日、竹富島まで出かけた。最初の蔵元の遺構を見るためである。石垣島から、船でわずか10分だが、ずいぶん遠くへ来た気がする。まず、竹富島喜宝院蒐集館の上勢頭芳徳さんにお目にかかった。義父が始められた民俗資料館を受け継ぎ、町並み保存の先頭に立っておられる。
 竹富島は、長寿の島である。1996年の統計によれば、人口271人中65歳以上は96人。最高齢は104歳。寝たきり、ボケ老人なし。
 この島の集落は、1987年に国の重要伝統的建造物群保存地区に指定された。周囲を珊瑚礁の石塀で囲み、ヒンプン(入り口を示す石塀のついたて)の奥に赤瓦の主屋を建てる構成は、限りなく美しい。 文化財指定のおかげで、朽ち果てようとしていたこれらの民家が修復され残った。経済的には貧しいこの島では、民家がコンクリートの建物に建て替わるのではなく、ただ消えゆく運命にあった。文化財指定が、これをくい止めた。白い砂の道も舗装されずに残った。この島には、暮らしの豊かさがある。ぜひ一度訪ねてください。

 船で石垣島に戻ると、なぜか都会のような気がした。羽田→那覇→石垣と飛行機を乗り継いでくると、石垣は離島である。ところが竹富島から戻ると、石垣は大きな都会である。

 竹富島では、豪雨にさらされ、全身びしょ濡れであった。東京が冬型の気圧配置で晴れているときには、沖縄地方は雨になることが多い。那覇への飛行機が欠航になり、石垣→広島→羽田と、不思議なルートでやっと帰ってきた。竹富島の写真がさえないのは、雨のせい。



□バックナンバー

□アークメディアのホームページ
http://www.arcmedia.co.jp/index.htm

□掲載記事についてのご感想をお寄せ下さい。
mailto:info@arcmedia.co.jp