らせん階段 1998年11月号

トロワの道具博物館と町の修復建築家

 波多野 純(建築史家、日本工業大学教授)


 
 トロワ−1
写真1:トロワ−1

トロワ−2
写真-2:トロワ−2

 

オランダに遺る江戸時代の大工道具
 11月22日から30日まで、駆け足でオランダのライデンとフランスのトロワへ行って来ました。
 ライデンの国立民族学博物館には、江戸時代の後半に出島のオランダ商館長や商館付の医師シーボルトが、日本から持ち帰った大工道具が保存されています。大工道具は日常的に使われすり減ってしまうため、日本国内に古い道具はほとんど遺っていません。遺っているのは儀式用の立派なものが多く、大工が日常的に使った道具ではありません。その点、オランダに遺った大工道具は、19世紀初頭と年代がはっきりし、間違いなく実際に使われた道具です。
 約300点を実測し、銘や材質などを記録してきました。銘から、産地が分かればと期待しています。
 日本の道具は、鋸(のこぎり)にしろ鉋(かんな)にしろ手前に引いて使います。ところが道具を引いて使う国はきわめて少なく、押して使うのが一般的です。シーボルトのコレクションのなかに多数の押して使う鉋が見つかりました。従来の見解を変更しなければならないのか。よく調べてみたら、他の国の収集品が混入したようです。 

トロワの道具博物館
 パリから列車で1時間半、シャンペンの故郷トロワの町には、民家を改修した立派な道具博物館があります。大工道具のみならず、左官、車輪作り、屋根葺き、杣(そま)、桶作りなど多様な職人の道具が、見事に分類され、展示されています。
 ヤスリは、心臓のリズムに合わせて刻む。斧は、振り下ろす角度にあわせて展示してある。など、ていねいな説明を聞きながら、じっくりと道具の美しさを楽しみました。
 墨壺の形が日本とあまりに似ているのに驚いているところです。 

トロワの修復建築家
 道具博物館を案内してくれたのは、ヴァランタン氏。彼は、技能オリンピックにも出場したことのある大工さんですが、最近建築家の資格も取得したそうです。建築家の資格を得る方法がまたおもしろい。彼は修復技術や町の建築の構法に関する歴史を論文にまとめ、それをもとに資格を得たそうです。
 彼の案内で、修復現場、修景保存されている古い町並みなどを駆け足で見て歩きました。限られた時間で、私たちには見たいものがある、彼には見せたいものがある。駆け足にならざるを得ないわけです。忙しさのあまり、世界的な名作であるゴシックの教会は、内部を見損ないました。
 町家の木造真壁、土塗壁で妻を道路に向ける外観は、ドイツ・ロマンティッシュ・ストラッセの町家と大変よく似ています。 

王様とロゼワイン
 昼食にワインをとなり、ヴァランタンさんが地酒を選んでくれました。それが、ロゼだったのです。私は、ほとんど赤しか飲まず、ロゼを馬鹿にしていました。ところがうまい。彼の説明によると、ある王が自分の庭に池を掘らせているのを視察に訪れ、労働者の飲んでいるワインに目を留め、一口飲んでみたところ、実にうまい。労働者は王よりいいワインを飲んでいるのかと怒り、それ以来このワインは王様専用になったとのこと。
 まるで「目黒のサンマ」だ。 



□バックナンバー

□アークメディアのホームページ
http://www.arcmedia.co.jp/index.htm

□掲載記事についてのご感想をお寄せ下さい。
mailto:info@arcmedia.co.jp