らせん階段 1998年10月号

蘭嶼と現代文明の欠陥

 波多野 純(建築史家、日本工業大学教授)


 
  蘭嶼−1
写真1:蘭嶼−1

蘭嶼−2
写真-2:蘭嶼−2

蘭嶼−3
写真-3:蘭嶼−3

蘭嶼−4
写真-4:蘭嶼−4

蘭嶼の暮らし
 蘭嶼(らんゆ)は台湾の南東の太平洋上にうかぶ海の楽園である。人口3000人。島の人々はフィリピンの島から渡って来た雅美(やみ)族と呼ばれる海の民である。カラフルな模様を描いた前後の舳先の尖った小舟で漁をし、自然と共生してきた。
 彼らの住まいがすばらしい。今でも竪穴式住居に住んでいる。竪穴式住居と言っても日本とはかなり趣を異にする。斜面の大地を四角く堀くぼめ、周囲に石垣を築き、その中に家を建てる。屋根は片流れで、それに合わせて床にも3段ほどの段差がつく。天井はきわめて低く、1.2m〜1.7m。内部はかなり暗い。遠くから見ると、屋根が地上に少し出ているだけである。このような形式となったのは、台風による強風を避けるためであろう。
 熱帯の地、湿度も高い。竪穴式住居は風通しも悪いから、当然内部はむし暑い。そこで、建物の外に櫓形式の涼み台を建てる。暑い日にはそこで寝るという。こちらは快適である。

生活改善の失敗
 この様な伝統的な住まいによる集落は、近年どんどん姿を消している。その替わりに建てられたのが長屋形式のコンクリートの集合住宅である。これがとんでもなく汚い。食糧事情が変わり、ゴミが増えた。大地がコンクリートで舗装されたため、ゴミを大地へ還元するシステムが消えた。あるのは単なるスラムである。
 また、彼らは近年まで、貨幣経済を持たず、自給的な暮らしを送っていた。彼らは酒を飲まなかった。それが台湾本土から酒が持ち込まれ、それを飲むようになると、現金がほしくなる。そうして貨幣経済が持ち込まれ、生産性の低い彼らは貧しくなった。
 すてきな生活をしてきた人々の暮らしぶりを安易にいじっていいのか。

台湾のゴミ捨て場
 蘭嶼にはもっとひどいゴミがある。核の廃棄物である。集落から少し離れた場所に野積みになっている。反対運動もかなりあったようだが、少数住民の意志は圧殺されている。
 他国のことを悪く言うことはできない。日本でも六ヶ所村など、住民の少ない地域に核の捨て場や原発を置いている。それってひどいんじゃないか。
 私は、民主主義が嫌いである。なぜならその根幹に多数決があるから。私はかねてから、「いじめは正しい」と言ってきた。51人が49人をいじめようと、多数決で決めたとしよう。民主主義のルールに則っているのだから正しいじゃないか。それなら99人が1人をいじめようと決めたら、もっと正しい。こういえばおわかりいただけると思う。多数決で決めてはいけないことが山ほどある。人の生命や安全に関わることは、その最たるものである。
 もし、原発が安全だというのなら、都市の真ん中に造ればよい。多数の人の危険は避けても、少数なら仕方がない。そんな論理を、押しつけられる民主主義ほどインチキな原理はない。少数派として殺される人が見ず知らずの人だから黙っている。もしその少数派が自分や自分の愛する人だったら、あなたはきっと民主主義には殉じない。
 その程度のことしかできない私は、近代的な空港ビルと物乞いをするおばあさんのアンバランスをあとに、プロペラ機で台東に向かった。



□バックナンバー

□アークメディアのホームページ
http://www.arcmedia.co.jp/index.htm

□掲載記事についてのご感想をお寄せ下さい。
mailto:info@arcmedia.co.jp