【アークメディア】

らせん階段 1998年1月号

頭を隠すか、尻を隠すか

 波多野 純(建築史家、日本工業大学教授)


sechin_1.GIF
画面をクリックすると大きくなります


sechin_2.GIF

 芥川龍之介の『侏儒の言葉』に、人生の悲劇は人に恥ずべきことを

しなければならないことにある、人は排泄をしなければならない、した

がって人生は悲劇にあふれている、そんな意味のことが書かれていた。

30数年前に読んだのだから言葉はきわめて不正確であるが、内容は

鮮明に覚えている。


 この皮肉をどこまで読み込むかは別として、排泄行為は他人に見ら

れたくない。では、どこを隠せば、見られたことにならないのか。アメ

リカやカナダの公衆便所は、個室の間仕切りの下が大きく切り取られて

いる。顔は見えないが、誰がズボンを下ろしているかは、一目瞭然で

ある。それでも恥ずかしさを感じることは少ない。と言うことは、個人を

特定する顔が見えなければ、あるいは他人と目が合わなければ、ひと

まず安心できると言うことになる。


 ところが、江戸の長屋に設けられた共同便所の扉は、下半分しかな

かった。尻は隠れるが、顔は丸見えである。惣後架あるいは惣雪隠と

呼ばれる共同便所は、裏長屋の一角、猫の額ほどの空き地に、井戸

(神田上水・玉川上水の水が流れ込む)、ごみ溜、稲荷とセットで設け

られた。井戸端会議のお上さん達にからかわれながら、用を足す気分を

想像すると、何とも可笑しい。江戸の町人の間では、排泄行為は、ひと

つも恥ずかしいことではなかったのだろうか。


 芥川龍之介の皮肉を、排泄行為がおおらかなものから恥ずべきもの

へと変わる時代相の反映とみると、一段階すすんだ読みができる。


 下半分の扉は、全国共通のものではない。江戸時代後期、京坂に住

んだ後、中年で江戸に引っ越した喜田川守貞という絵の得意な粋人が、

江戸と京坂の風俗を比較した面白い本を書いている。『守貞漫稿』

あるいは『近世風俗誌』の書名で、現代でも購入できる。住宅の平面

や意匠、髪型など、面白い比較がされているので、一度ご覧あれ。


□掲載記事についてのご感想をお寄せ下さい。
mailto:info@arcmedia.co.jp