【アークメディア】

らせん階段 1997年12月号

さざえ堂−日本のバロック−

 波多野 純(建築史家、日本工業大学教授)


sazaedo4.JPG
sazaedo3.JPG

 「らせん階段」と聞いて最初に思い浮かんだのが、白虎隊最期の地・飯盛山

(福島県会津若松市)に建つ 「さざえ堂」 である。6角形平面の塔で、入口を

はいり、斜面を右回りにらせん状に昇り頂上に達すると、左回りに向きを変え

て降り、反対側の出口からでる。ひと筆書きで、観音霊場巡りができる仕掛け

である。外観は、斜面の屋根がとりつくため、まさに「さざえ」の殻である。

この堂は、江戸時代後期1796年に建てられた。

 日本の歴史的な建築は、階段が貧困である。2階以上を生活空間とすること

が、きわめてまれだったからである。金閣あたりが、2階建て以上の最初だろ

うと言ったら驚かれるかもしれない。五重塔もあれば、法隆寺金堂だって2階

建てではないか、と言われるかもしれない。でも、これらの建築の上階には内

部空間は存在しない。外観だけの重層建築なのである。

 アクロバティックな外観とトリッキィーな内部空間を見せる「さざえ堂」は、

日本のバロックではなかろうか。


□掲載記事についてのご感想をお寄せ下さい。
mailto:info@arcmedia.co.jp